仮想通貨 Siacoin(SC・シアコイン)の高騰に将来性はあるのか?

こんにちは

夢のある生活を実現するために暗号通貨に投資を始めたmosshi55です!

Siacoin(SC・シアコイン)の高騰に将来はあるのか?

Siacoin(SC・シアコイン)とは

世界中のパソコンには豊富な空き容量が多くあり、この空き容量

をクラウドストレージとして貸し出すことで、対価としてSiacoin

(SC)で報酬が受け取ることが出来ます。

貸出をする人は、空いているストレージを提供するだけで報酬が

受け取れます。

(ストレージ = 貯蔵・保管という意味で データー保管できるスペース

になります)

利用する人は、従来あるクラウドサービスより安く利用できますので

双方にメリットがあります。

現在のクラウドサービスの利点と課題

利点として

クラウドサービスとはインターネット上にストレージを置くネットワーク

サービスのことです。

クラウドで有名なのが、グーグルドライブ・アマゾンドライブ・ドロップ

ボックスなどです。

普段は、データー・写真・映像などはパソコン・スマートフォンに保存しま

すが、突然故障した時は、保存していたデーター・写真・映像がすべて取り

出せなくなります。

こうした時のために、外付のハードディスクかクラウドサービスを利用して

リスクを回避します。

クラウドサービスにより、インターネット上のストレージに保管されています

ので、いつどこにいてもインターネットにアクセスすることができれば編集し

たりすることができるので、便利になりました。

大企業もクラウドサービスを利用することで、全てのデーターを保管し全社で

共有することができ、業務の効率が改善されています。

問題点として

クラウドサービスの管理料が高いこと。

クラウドデーターの一ヶ所に集約することで、ハッカーによる標的・自然災害・

サーバーの破壊でデーターが消失します。

運営会社からは保存したデーターの中身が見られてしまう。

Siacoin(SC・シアコイン)の特徴

Siacoin(SC・シアコイン)は、クラウドデーターを一ヶ所に集中させるのではなく、

ブロックチェーンを利用して世界中に端末を分散・保存をさせるシステムです。

ファイルを分散させることでハッカーが標的にすることが困難なるため、非常に

安全性が高いクラウドが可能となります。

世界中のパソコンの空きスペースを利用することで、有効活用ができ報酬が受けられる、

利用者も安いコストで空きスペースをクラウドストレージとして借りる事が出来ます。

貸す側も借りても両方にメリットがあると思います。

プライベートが確立される

Siacoinは分散ネットワーク上でファイルを分割し、暗号化し、配布します。あなたは鍵を持って

いるので、あなたはあなたのデータを所有しています。従来のクラウドストレージプロ

バイダーとは異なり、外部の企業はファイルにアクセスしたり制御したりすることはできません。

クラウド利用料が安い

Siacoinの分散クラウドは、現在のクラウドストレージプロバイダーより平均して10倍安いです。

1TBをSiacoinに保存するのは月額約2ドルで、Amazon S3では23ドルだ。以下の節約額を計算して

ください!

高度に冗長

Siacoinは、世界中の数十のノードに小さなファイルを保存しています。これにより、単一障害点

が排除され、他のクラウドストレージプロバイダと同等の可用性を実現します。

オープンソース

Siacoinは完全にオープンソースです。数十人の個人がSiacoinのソフトウェアに貢献しており、

Siacoin APIの上に革新的なアプリケーションを構築するコミュニティが活発になっています。

ブロックチェーン上のマーケットプレイス

Siacoinのブロックチェーンを使用して、Siacoinはホストがお客様のビジネスを競争する分散ストレージ

市場を作り出します。これは可能な限り低い価格につながります。賃貸人はSiacoinを使用して

支払います。これは採掘して取引することもできます。

まとめ

去年の11月では、1SC = 0.7円でしたが2018年1日10日時点では、1SC = 8円前後と

10倍になっています。高騰の要因として12月にアップデートの発表が大きいと思います。

個人よりも利用者は企業にメリットがあると思います。

クラウドサービスでは、利用容量に応じて管理料が高くなり、維持管理費が高額な割に

リスクもありますが、Siacoinでは、分散してブロックチェーンでデーターが管理されて

いるため、問題が発生しても復元が可能で維持管理費も10分の1ぐらいで使用できることは

利用価値があります。

今後、企業とって採用の可能性を感じ期待できる通貨と思います。

投資の判断は自己責任でお願いします。

損失が発生しても責任は負いません。