仮想通貨 ADA(エイダコイン)は、2018年期待できるか?

こんにちは

夢のある生活を実現するために暗号通貨に投資を始めたmosshi55です!

今日は、仮想通貨市場が下落傾向で推移している中で、今後のビットコイン・アルトコイン価格に不安を持たれていると思いますので、仮想通貨ADA(エイダコイン)の2018年の期待を込めて少し説明させて頂きます。

仮想通貨 ADA(エイダコイン)は2018年に期待できる点

現在は、多くのプロジェクトがイーサリアムのプラットフォーム上で運用されていますが、今後はカルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」のプラットフォームに移行されていきます。

カルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」のプラットフォームに2018年から移行される理由は、イーサリアムプラットフォームではERC20のスタンダードが非常に扱いやすく、トランザクションが承認されるまでの時間が短時間で行われたことで、数百種類というトークンがイーサリアム上で実行され、それが大渋滞を起こし、トランザクションの遅延や送金手数料の高騰と言う問題を抱えてしまいました。

この問題をカルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」はより安全で、より早くそしてトランザクション手数料を安く抑え。イーサリアムからの移行も容易にできるように設計がされておりますので、2018年からの移行は実用性の面でも期待できると思います。

カルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」の利点

イーサリアム上でトークンを発行した場合は、それぞれのプロジェクトに沿ったトランザクションが行えますが、ガスをETHで支払うことになりますが、カルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」はプラットフォーム上で発行したトークンは、【一級市民として】扱い、各々のトークンでトランザクション手数料を払えるシステムになります。

このシステムによりトークンの発行体は自身のブロックチェーンを構築したかのような自由度が増えることにより、決済の部分と計算処理の部分を切り離なされていますので、カルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」のスマートコントラクト上で操作を行う際に、無料でその機能をコールファンクションを呼び起こすことが出来ます。

イーサリアムでは、スマートコントラクト上でそれぞれの機能を呼び起こすごとに手数料がかかるので、この点においてもカルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」の使用によりコストが削減できます。

アメリカのウォールストリート・ジャーナルにより【SEC(米国証券取引委員会)によりICO発行企業80社ほどの聞き取り調査が行われる】と発表がありました。

今度は、世界各国の規制が制定されることが予想されますので、カルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」のシステムを使用することによって容易にプロセスが移行でき、トークン発行者の要望を深いところまで理解し、変化のめまぐるしいこの分野で、ニーズや規制の変化に俊敏に対応し流動性を失わないようにすることに努めています。

2018年ICOがカルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」のプラットフォームで増加

2018年の春以降には、バーション1.0が完成し実装する予定です。

実装と同時にICOが行われる国・地域のニーズにあった仕様を構築が出来ますので、受け付けるICOが増えて行き、トークンの希少性を生むことが期待できます。

まとめ

カルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」は活動として、仮想通貨の分野で初めてとなる大学などの教育機関とブロックチェーン開発者が密接にタッグを組みプロジェクト開発を行っていますので、今後に期待できると思います。

仮想通貨ADA(エイダコイン)のチャートです。

ICOでは、0.3円で販売され、2017年10月ごろは3円前後で推移していましたが、2018年1月4日には133円と433倍とました。

2018年4月4日時点で17円となります。

イーサリアムがICOで多く使用されることで、高騰したことからカルダノ「 仮想通貨ADA(エイダコイン)」のプラットフォーム上でICOの開発が増えれば、100円~150円(現在の5~9倍)が期待できると考えます。

 

仮想通貨ADA(エイダコイン)の購入取引所

仮想通貨ADA(エイダコイン)は、日本の取引所では購入できませんので、海外の取引所は下記となります。

Bittrex(ビットレックス) アメリカ取引所

Binance(バイナンス)  中国取引所

Upbit    (アップビット) 韓国取引所

お勧めはBinance(バイナンス)取引所です。

手数料が安く世界最大の取引所となり、売買できるアルトコインも100種類以上あります。

こちらからBinance(バイナンス)取引所に登録できます。